タイ限定PC版PUBGLiteを日本でプレイする方法!

タイ限定PC版PUBGLiteを日本でプレイする方法!

PUBG LITEが日本でもサービス開始されました。

こちらの記事をご覧ください

[sanko href=”https://www.gamespark.jp/article/2019/01/25/86877.html” title=”低スペックPCでも楽しめる『PUBG LITE』タイ限定ベータテスト開始、トレイラー映像も” site=”Game*Spark”]

スペック情報
最低スペック要件
OS 7,8,10(64bit)
CPU Intel Core i3 2.4Ghz
RAM 4GB
GPU Intel HD Graphics 4000
必要ドライブサイズ 4GB
推奨システム要件
OS 7,8,10(64bit)
CPU Intel Core i5 2.8Ghz
RAM 8GB
GPU NVIDIA GeForce GTX 660,
AMD Radeon HD 7870
必要ドライブサイズ 4GB
インストール
インストーラーをダウンロードする

[sanko href=”https://lite.pubg.com/download/” title=”Download” site=”PUBG Lite”]

ダウンロードしたPUBG-Lite-Setup.exeを開き、進む

このような表示が出た場合は詳細情報をクリックしてから実行してください。

ラジオボタンで同意してそのまま進みます。

チェックボックスにチェックを入れて下のボタンをクリックするとランチャーが起動します。

PUBGアカウントを作成する

こちらからPUBGアカウントを作成してください。

[sanko href=”https://accounts.pubg.com/register” title=”PUBG ACCOUNT CREATION” site=”PUBG Lite”]

VPNを導入する

すでに導入していてタイに対応している場合は不要です。

導入せずにランチャーでログインするとこのような画面になります。

もちろん、VPNは通常の接続よりラグが大きくなりますが、そこは妥協するしかありません。

書く気がしないので、ここではVPNの導入を割愛させていただきます^^;

VPN導入の記事を作成しています。

[card id=”779″]

ログインする

VPNに接続した状態でランチャーを起動して、作成したPUBGのアカウントでログインしてください。

データダウンロード

正常にログインできたら、ゲームデータ(1.9GB)をダウンロードします。

この時点ではVPNを切断していてもダウンロードできます。というか切断していないと時間がかなりかかります。

左下のボタンをクリックするとダウンロードが始まります。

PUBGLite起動

起動する前に、PCの時刻設定をタイにします。

Windowsの設定を開き、「時刻と言語」でタイムゾーンを「バンコク(UTC+07:00)」に設定してから起動してください。

PUBGカテゴリの最新記事