改装中のため一部の表示が崩れている場合があります。

YouTubeが子供向けコンテンツに関する変更を発表

YouTubeが子供向けコンテンツに関する変更を発表

2019年9月4日、YouTubeは子ども向けコンテンツに関するデータ保護を目的としたいくつかの変更を発表しました。

ユーザーデータの扱い

YouTubeで子ども向けコンテンツを視聴しているユーザーの情報は年齢に関係なく子供のデータとして扱われます。

これによって子ども向けコンテンツからのデータ収集と利用が必要な範囲に限られることになります。

パーソナライズド広告の停止

子ども向けコンテンツへのパーソナライズド広告が停止されます。

これもユーザーの年齢とは関係なく、子ども向けコンテンツに対して適用されます。

コメント、通知の停止

子ども向けコンテンツへのコメントや通知は利用できなくなります。

子ども向けコンテンツの申請

動画クリエイターは子ども向けコンテンツを投稿する際に子ども向けだということを申請する必要があります。

また、子ども向けキャラクターやおもちゃ、ゲームなどを動画の重要な要素として扱い、明らかに幼児向けに制作された動画を識別するために機械学習が用いられます。

これらの変更は子ども向けコンテンツを制作するクリエイターが対応できるように4ヶ月後に適用されます。

 

YouTubeカテゴリの最新記事