改装中のため一部の表示が崩れている場合があります。

【iPhone】QRコードでWi-Fiに繋げるよ!アプリ不要でね

【iPhone】QRコードでWi-Fiに繋げるよ!アプリ不要でね

もし、家に友達が来てWi-Fiに接続してあげる時にいちいちSSIDとパスワードを打たせていませんか?

もし、カフェでWi-Fiを提供していたら、壁にSSIDとパスワードを貼ってお客さんにいちいち打ち込ませていませんか?

教える方も面倒だし、入力する側も面倒です

そこで「QRコード」

QRコード=URL ではない

そもそもQRコードは文字を保存するための規格。 URLしか埋め込めないという印象があるかもしれませんが、下記の通り膨大な量の文字データを保存しておくことができます。

数字のみ:最大7,089文字

英数:最大4,296文字

漢字かな:最大1,817文字

QRコード – Wikipedia

QRコードでWi-Fiに接続するための規格

WIFI:T:WPA;S:{SSID};P:{Password};;

上記の文字列をQRコード化して標準カメラアプリ(QRコード読み取り専用のアプリなんていまさら使ってないよね???)で読み取ると…

簡単に作成してくれるサイト

おすすめはこのサイト

白黒のQRコードをただ単に生成するだけでなく、色を変えたりロゴを埋め込んだりいろいろカスタマイズできるサイトです

Wi-Fi QRコードは「1 QR Code type」の「Other types」で「Wireless network」を選択すると作成できます。

Network typeは「WPA/WPA2」を選択してください。

WEPはQRコードを使わずともパスワードを破られるそうです。もしWEPを使っているようであればすぐに買い換えることをおすすめします

これが作成してみたQRコード。デザインもいろいろ変える事ができます。

ちなみに3D touchに対応しているデバイスならWebページ上のQRを強く押すことで読み取ることができます。

他にもWi-Fiに簡単に接続する方法がある

ほかにも簡単にWi-Fiに接続させる方法があります。

ただし、条件があります。

  • すでにそのWi-Fiに接続済みのiPhone
  • Wi-FiとBluetoothが有効になっていること
  • 相手もiPhoneかつ連絡先に自分が登録済みであること

そして、接続する側のiPhoneで接続したいWi-Fiのパスワードを入力する画面まで行きます。

この状態ですでに接続済みのiPhoneを近づけるとポップアップがでてパスワードを入力せずに接続することができます。

この方法だとパスワードを相手に知られることもありません

Appleカテゴリの最新記事